福島原発1号機 調査ロボ投入できず 準備中に監視カメラ不具合(2017/3/15 福島民報)

 東京電力は14日、福島第一原発1号機の原子炉格納容器内部の調査を始めようとしたが、作業監視用カメラに不具合が起きたため、自走式ロボットを投入できなかった。東電が原因を調べているが、調査の再開日は未定という。
 東電によると、作業員が14日午前10時10分ごろから格納容器の外側で自走式ロボットを投入するための準備作業を始めた。機器の動作を確認中に、格納容器の外側に設置した箱の中にあるロボットの作業監視用カメラが映らない不具合があることが分かった。箱はロボット本体やケーブルなどの調査機材の収納に使う。
 東電は15日に不具合の原因を詳しく調べるとともに、監視用カメラの交換が必要かなどを確認し、改めて調査の日程を決める。
 1号機では、圧力容器から溶け落ちた燃料が格納容器の底の水中にたまっているとみられている。内部調査は当初、ロボットを14日から17日まで投入し、格納容器の底の水中などを撮影する予定だった。

http://www.minpo.jp/news/detail/2017031539812
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -