福島のコメを山口の日本酒に、純米吟醸酒味わう 銀座×福島×山口(2017/2/6 福島民報)

 福島市で育てたコメを山口県の永山酒造合名会社が醸した純米吟醸酒「精一杯」が5日、福島市の福島グリーンパレスで開かれた第10回県産酒を楽しむ夕べの席上でお披露目された。3月25日から県内と東京都、山口県で計3000本を販売し福島の復興を応援する。
 酒造りはNPO法人銀座ミツバチプロジェクトや安倍晋三首相夫人の昭恵さんらが連携し「銀座×福島×山口 日本酒造り交流会」と題して実施した。昨年、昭恵夫人ら関係者が福島市の水田で田植えや稲刈りを行って収穫した酒造好適米「五百万石」を永山純一郎永山酒造社長らが商品化した。
 県産酒を楽しむ夕べは県内38蔵元の日本酒を味わえるイベントで、福島小売酒販組合などが主催した。鎌田邦男実行委員長、田中淳夫銀座ミツバチプロジェクト理事長らのあいさつに続きビデオメッセージが上映され、昭恵夫人が「復興に向けた思いのこもった酒。今後も復興の発信を手伝いたい」などと語った。
 精一杯は乾杯用の酒として振る舞われ、約320人の参加者全員が味わった。永山社長は「コメのうま味を生かして口当たりの柔らかい酒に仕上げた」と話していた。
 精一杯は四合瓶で2160円(税込み)。問い合わせは永山酒造 電話0836(73)1234へ。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/02/post_14711.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -