松方弘樹さん、悪性脳リンパ腫で死去、時代劇「遠山の金さん」74歳(2017/1/23 毎日新聞)

 やくざ映画や時代劇などで活躍した俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき、本名・目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ)さんが21日、脳リンパ腫のため死去した。74歳。

 いずれも俳優の近衛十四郎と水川八重子の長男として生まれ、高校3年の1960年、近衛の所属していた東映に入社。「十七才の逆襲・暴力をぶっ潰せ」で銀幕デビューした。甘いマスクの二枚目として、「赤穂浪士」や「次郎長三国志」といった時代劇で人気に。69年に大映に移り、「眠狂四郎円月殺法」などに出演するも、71年に東映に復帰。ぎらついたすごみのある容姿をいかし、「仁義なき戦い」シリーズをはじめ「県警対組織暴力」「北陸代理戦争」といった東映実録映画のスターとなった。2003年には自ら「OKITE・やくざの詩」で初監督。

 テレビにも活躍の場を広げ、88年に始まった「名奉行 遠山の金さん」シリーズでは約10年間にわたり、不良っぽい「チョイ悪」の金さんがお茶の間の人気者に。また、「ハケンの品格」では人情味あふれる営業部長を演じ、新たな一面を見せた。

 業界きっての太公望として知られ、「松方弘樹 世界を釣る」などの番組に出演。特にマグロ釣りを得意とし、日本屈指のクロマグロの好漁場を舞台とした「萩クロマグロトーナメント」では300キロ超の大物を釣り上げ、優勝したこともある。弟は俳優の目黒祐樹さん。元妻に女優の仁科亜季子さん。

http://mainichi.jp/articles/20170124/k00/00m/040/017000c
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -