メルトダウンした核燃料をレーザー光で粉砕、新たな技術を開発(2016/9/9 福島民報)

 日本原子力研究開発機構(JAEA)などの研究グループは東京電力福島第一原発の溶融燃料(燃料デブリ)取り出しに向け、固まった燃料デブリを安全かつ効率的に砕く技術を開発した。レーザー光を移動させて削り出しながら水を噴射し、放射性物質を含む粉じんの拡散を防ぐ。「廃炉作業への適用性が高い」としている。
 燃料デブリは原子炉内の構造物と交じって固化しているとみられているが、形状や分布状態は分かっていない。大きな塊だった場合、取り出しができるよう細かく砕く必要がある。新技術は燃料デブリの厚さに関係なく削ることができる上、原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)が戦略プランで挙げた「冠水」「気中」など3つの工法全てに対応できるという。
 レーザー光はナイフやドリルで切断する手法と比べて小さい機器で済み、炉内の狭い空間でも遠隔操作しやすい。刃こぼれやかみ込みが起きない利点もある。米国スリーマイル島原発事故の解体ではカッターが刃こぼれし、作業が長期化している。
 今後、作業で発生する粉じんや水の回収方法を確立し、技術の実用化を目指す。
 新技術はJAEA、日立GEニュークリア・エナジー、スギノマシンの三者でつくる研究グループが8日に福岡県久留米市で開かれた日本原子力学会秋の大会で示した。

http://www.minpo.jp/news/detail/2016090934441
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -