関西国際空港ではしか拡大、発症38人…第3波の防止カギ(2016/9/7 毎日新聞)

 関西国際空港ではしかの感染が広がっている。厚生労働省などによると8月中旬〜9月6日に関空の従業員33人、医療関係者2人、利用客3人の少なくとも計38人の発症が確認された。今後もさらなる拡大が懸念されており、大阪府は7日、近畿2府4県の自治体の感染症対策担当者を集めて緊急会議を開く。


 症状が最初に現れたのは8月9日。国際線カウンターなどで接客を担当する20代の女性従業員だった。厚労省によると、同日以降に発症した利用客3人は7月31日に関空にいた。このため、同省は4人がこの時期に関空にいた別の人物から感染したとみている。

 その後、従業員と接触した医療関係者らが次々に発症。利用客1人については家族や8月に行った千葉市のコンサート会場にいた人への感染も確認された。8月28日に関空対岸の商業施設「りんくうプレミアム・アウトレット」に立ち寄った30代男性も発症した。

 感染者の大半は20〜30代。はしか予防にはワクチン接種が有効だが、府立公衆衛生研究所によると、この年代はワクチン接種を1回しか受けていない人が多い。このため十分な免疫が付かず、感染につながったとみられる。

 府は8月9日を「第1波」、次に症状が相次いだ同21日以降を「第2波」としている。2次感染者から感染が広がる「第3波」は9月7日ごろ以降とみている。関空を運営する関西エアポートも「第3波の拡大を防げるのかが重要。体調に異変を感じたら出勤しないよう従業員に呼びかけている」と警戒を強める。

 はしかは風邪と初期症状が似ているが、感染力が強い。府は医療機関での感染を防ぐため、はしかが疑われる場合は事前に保健所や医療機関に連絡をするよう呼びかけている。

http://mainichi.jp/articles/20160907/k00/00m/040/087000c
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -