福島の帰還困難区域、5年後に解除、政府方針(2016/8/31 日本経済新聞)

 政府は31日、復興推進会議と原子力災害対策本部の合同会議を開き、東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴う避難指示区域の解除方針を決めた。放射線量が高い帰還困難区域について、除染とインフラ整備を重点的に実施する「復興拠点」をつくり、5年後から住民が帰れるようにする。

 安倍晋三首相は関係閣僚に対し「現場主義を徹底しながら全力で復興に取り組んでもらいたい」と指示した。これを受け、政府は法整備や予算措置に着手する。

 ただ、これまで政府は除染費用は東電の負担としており、インフラ整備を政府が進めることは事実上、東電への支援策として反発を生む可能性がある。詳しい費用負担については今後議論する。

 政府は従来、放射線量が低い地域の避難指示はは今年度末までに解除する方針を示していたが、帰還困難区域の取り扱いは決めていなかった。

 今村雅弘復興相は同日、記者団の取材に対し、「除染やインフラといったハード面だけではなく、介護や医療などのソフト面でも生活支援を進めていく」と話した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS31H3C_R30C16A8PP8000/
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -