放射能汚染土、セメント材として再利用へ 福島県環境創造センター全面開所(2016/7/22 福島民友)

 東京電力福島第1原発事故で大きな被害を受けた県土の環境回復の拠点として、福島県が整備を進めていた県環境創造センターの交流棟「コミュタン福島」が21日、三春町に開所した。

 先行運用されていた本館、研究棟、南相馬市の環境放射線センターなどと合わせて全面稼働した形だ。本県復興の鍵を握る除染や放射性廃棄物の減量、汚染土壌の再利用に向けた研究開発を加速させられるかが焦点となる。

 施設には県、日本原子力研究開発機構(JAEA)、国立環境研究所が同居。線量の調査や分析、除染、廃棄物の研究に連携して取り組む。

 県内の環境回復を巡っては、帰還困難区域を除いて本年度中の完了を目指して除染が進められているが、除染で出る土壌など廃棄物の総量は最大約2200万立方メートル分(東京ドーム約18個分)に上る見込みだ。

 三春町の研究棟で国立環境研究所は、約1300度の熱処理で放射性セシウムと土砂を分離する技術の実証実験に取り組んでいる。実用化されれば土砂はセメント材として再利用されることで、土壌の量は大幅に少なくなる見通し。国はこれらの研究の実用化を含め廃棄物の量を9割減らせると試算しており、2024(平成36)年度までに基礎となる技術開発を一通り完了させる方針。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160722-094251.php
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -