輸入規制が続く、福島県産農産物、農林水産大臣「放射性物質検査を経ており国内で最も安心・安全」と強調(2016/6/12 福島民報)

 福島の食の魅力や食育の取り組みを全国に発信する「第11回食育推進全国大会inふくしま」は11日、郡山市のビッグパレットふくしまで開幕した。12日まで。
 農林水産省、県、実行委員会の主催。北海道・東北地方では初の開催。会場では約120団体が出展し、食育についての展示や料理体験、県内名産品のPRなどのコーナーを設けている。初日は大勢の家族連れなどが訪れ、子どもたちがホットドッグ作りなどを体験したほか、県産食材を紹介するステージイベント、六次化商品のワークショップ、食育推進のシンポジウムなどが繰り広げられた。
 開会式で森山裕農林水産相、内堀雅雄知事、品川萬里郡山市長があいさつした。

■各国の輸入規制緩和要請強化へ 森山農相
 森山裕農相は11日、各国で県産農林水産物の輸入規制が続いている現状を踏まえ、世界貿易機関(WTO)などの国際ルールに従い規制を緩和・撤廃するよう各国への働き掛けを強める考えを示した。郡山市で開幕した食育推進全国大会の開会式後、記者団に答えた。
 森山農相は「(県産品は)きちんとした放射性物質検査を経ており国内で最も安心・安全」と強調。ただ、「一部の国でまだ正しく理解されていない」として、科学的根拠に基づいた輸入規制緩和・撤廃を各国に求め、県産農林水産物の需要を回復させるとした。

http://www.minpo.jp/news/detail/2016061231903
関連記事

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -