活断層、阿蘇山に延伸 政府調査委「監視強化が必要」(2016/4/17 西日本新聞)

 熊本県熊本地方を震源とする16日未明のM7・3の地震について、政府の地震調査委員会は17日、県内を東西に走る布田川断層帯のうち、東部の区間で発生したとの見解を示した。一方、14日に震度7の地震(M6・5)を引き起こした日奈久断層帯に関し、八代市など南西部で16日以降、小規模地震が多発していることが判明。調査委は「被災地を中心に九州中部で大きな地震が起きやすくなっている」と警戒を呼び掛けた。

 気象庁はM7・3の地震を一連の熊本地震の「本震」、M6・5をその「前震」と評価。二つの地震は、両断層帯が重なり合う部分で、それぞれ活動して発生したことになる。

 本震について調査委は、3区間で構成される布田川断層帯のうち、益城町から北東に延びる部分が活動した「横ずれ断層型」と判断。南阿蘇村で南西方向に約97センチ移動するなどの地殻変動が確認されたという。

 この区間の断層の長さについて、従来は阿蘇山付近までの約19キロと推定していたが、実際の断層は阿蘇山のカルデラまで達する約27キロで「火山活動の監視の強化が必要」と指摘した。

 熊本地震の余震の回数について気象庁は、内陸型地震で最多の新潟県中越地震(2004年)を上回ったと公表。今後も阿蘇地方や大分県など、本震や前震の震源から北東側を中心に余震が続くとした。

 一方、気象庁は「八代市など南西部で小規模地震が頻発している」とも指摘。調査委に出席した九州大地震火山観測研究センターの清水洋センター長は「日奈久、布田川両断層帯とも、西側の活動にも注意する必要がある」と注意を促した。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/239076
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -