東電の旧経営陣3人、勝俣恒久、武黒一郎、武藤栄、原発事故巡り強制起訴(2016/2/29 NHK)


福島第一原子力発電所の事故を巡って、検察審査会に「起訴すべき」と議決された東京電力の元会長ら3人が、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴されました。3人は無罪を主張するとみられ、原発事故を防げなかったことが罪に当たるかどうかが初めて法廷で争われることになります。

強制的に起訴されたのは、東京電力の元会長の勝俣恒久被告(75)、元副社長の武黒一郎被告(69)、元副社長の武藤栄被告(65)の3人です。
起訴状などによりますと、3人は、福島第一原発が津波で浸水する可能性について予測できたはずなのに適切な措置を取らず、原子炉建屋で水素爆発を引き起こし、周辺にいた13人にけがをさせたほか、福島県大熊町の双葉病院の入院患者などに避難を余儀なくさせた結果、症状を悪化させて44人を死亡させたとして、業務上過失致死傷の罪に問われています。
検察は3人を不起訴にしましたが、去年7月、検察審査会が「起訴すべき」と議決したため、裁判所から選任された指定弁護士が在宅のまま起訴しました。
一方、3人は、国会の事故調査委員会で津波は予測できなかったと主張していて、勝俣元会長は津波で浸水する可能性の報告について「原子力本部止まりになっていた」と述べ、自分は報告を受けていなかったとしています。また、武黒元副社長は、津波の可能性についてはあくまで仮定の計算だったため具体的な対策は講じなかったとしています。さらに、武藤元副社長は「専門家で議論した基準で、われわれとしては安全性は十分担保されていると思っていた」と述べています。
3人は裁判で無罪を主張するとみられ、原発事故を防げなかったことが罪に当たるかどうかが初めて法廷で争われることになります。
また、公開の法廷で行われる証言や証拠として提出される資料によって、原発事故を巡る新たな事実が明らかになるかどうかも注目されます。

起訴された内容について、東京電力の勝俣恒久元会長と武黒一郎元副社長は、これまでのNHKの取材に対して主張を明らかにしていません。また、武藤栄元副社長の弁護士はNHKの取材に対し、「現段階でのコメントはありません」と話しています。
また、旧経営陣3人が強制起訴されたことについて、東京電力は「原発事故により福島県民の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまに大変なご迷惑とご心配をおかけしていることについて改めて心からおわび申し上げます。当社元役員が強制起訴されたとの報道は承知していますが、刑事訴訟に関することであり、当社としてコメントは差し控えさせていただきます」としています。

東京電力の旧経営陣3人が強制起訴されるきっかけとなった告訴や告発を行った、住民などのグループの団長と代理人を務める弁護士が、東京で記者会見を開きました。
「福島原発告訴団」の武藤類子団長は「原発事故から5年、告訴から4年の月日が費やされましたが、裁判が開かれることに感無量です。今も困難のなかにある被害者にとって大きな励みになります。裁判で私たちがまだ知らない事故の真実が明らかにされ、責任を取るべき被告に公正な判決が下ることを信じています」と述べました。
代理人の河合弘之弁護士は「告訴団の努力でようやくここまでたどり着いたが、検察審査会が2度にわたって起訴すべきだと議決してくれなければ、原発事故の問題点が闇に葬られていたので、本当に歴史的な出来事だ。二度と事故を起こさないよう、この機会に徹底的に究明してほしい」と話しました。
また、代理人の海渡雄一弁護士は「きょう指定弁護士に会ったときに、『すごい証拠がある』と言われた。私の推測だが、有罪判決を得られるという自信のある表情だった。旧経営陣が経済的な理由で津波対策を先送りしたことを法廷で明らかにしてほしい」と話しました。
弁護団は、今回の強制的な起訴で、被害者や遺族とされた人たちの中に裁判への参加を希望する人がいれば、代理人として関わりたいという考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160229/k10010425561000.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30