丸川珠代環境相、放射性廃棄物の中間貯蔵整備に「心尽くす」、精神論で訴え(10/29 福島民報)

 丸川珠代環境相は28日、就任後初めて大熊、双葉両町を訪れ、東京電力福島第一原発事故で発生した除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設予定地を視察した。
 建設予定地では除染廃棄物のパイロット(試験)輸送先となっている両町の保管場を訪れ、環境省福島環境再生事務所職員から搬入作業の工程などについて説明を受けた。
 丸川環境相は視察後、中間貯蔵施設の整備について、「自然が豊かな古里を使わせていただく。しっかり心を尽くして努力したい」と話した。アスファルト舗装工事中のためパイロット輸送を中断している双葉町の保管場に関して「現地での承諾を得て近日中に再開したい」と話した。

http://www.minpo.jp/news/detail/2015102926338
関連記事

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文: