原発事故で避難が続く富岡町、「コメの全袋検査オールクリア」、安全なコメを出荷でき、喜ばしい(10/17 福島民報)

 東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く富岡町で出荷用に生産、収穫されたコメの全量全袋検査が16日、楢葉町のJAふたば楢葉低温倉庫で行われた。検査の結果、収穫した約10・7トンのコメ全ての放射性セシウムが食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)以下だった。
 検査したのは、富岡町内の農家有志でつくる「ふるさと生産組合」が避難指示解除準備区域の水田180アールで生産した「コシヒカリ」「天のつぶ」「こがねもち」の3種類。実証栽培の2年目で、作付面積を拡大して昨年よりも約3・5トン多い出荷となる。約5トンはJAふたばなどを通して出荷し、残りは組合員に配布されるほか、町民が住む仮設住宅に寄贈される。
 渡辺康男組合長(65)は「今年も安全なコメを出荷でき、喜ばしい。町への帰還を見据え、来年以降、さらに稲作を本格化させたい」と話していた。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/10/post_12386.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -