安倍首相、何を食べても感想は「ジューシー」「語彙の少なさ」を揶揄される(10/5 J-CAST)

訪問先や視察先、その他イベントで地方の特産品を口にする機会の多い安倍首相だが、食後に語るのは「ジューシー」という感想ばかり。これに対し、ネットでは「感想がワンパターンすぎる」という声も出ている。

「ジューシー」という感想はトマトやキュウリといった野菜、桃やブドウなどの果物だけでなく牛肉にも使われていた。


「甘くてジューシー」「とってもジューシー」

過去の新聞記事を見ると、「ジューシー」という表現は2014年7月17日に初登場している。この日、福島県産の桃を宣伝する「ミスピーチ」に選ばれた女性2人が首相官邸を訪問。安倍首相は「ミスピーチ」から贈られた桃を試食し、「甘くてジューシーだ」と語った。

「ジューシー」は翌18日にも飛び出す。山梨県の観光大使「やまなし大使」を務めていた萩原智子さん(当時)らの表敬を官邸で受け、同県特産品の種なしブドウ「シャインマスカット」を試食した時のこと。首相の口から出たのは「ジューシーですね。おいしい」という感想だった。同じ果物で言うと、15年6月11日にも茨城県鉾田市の観光大使「ほこたブランド大使」が官邸に持参した同市産メロンを食べ、「甘くて、とてもジューシーだ」と絶賛している。

野菜や牛肉を食べても「ジューシー」という表現は欠かさない。14年7月24日、首相は東京電力福島第一原発事故の風評被害を払拭するため結成されたキャンペーンクルーと官邸で面会する。そこで福島県産のキュウリとトマトを食べて「とてもおいしい。ジューシー」。15年2月26日に神奈川県の「三浦半島酪農組合連合会」が官邸を訪れ、ブランド和牛「葉山牛」のローストビーフとビーフジャーキーをふるまった際は「深い味わいでおいしい。非常にジューシーだ」と話した。

「ジューシー安倍」というあだ名広まる

ちなみに、地方の観光大使などから贈られた桃、ブドウを官邸で食べる様子は2015年にも報じられている。やはり、桃は「甘くてジューシー」(7月30日に「ミスピーチ」が訪れた際)、ブドウは「とってもジューシー」(8月31日に谷本正憲・石川県知事から県特産品のブドウをプレゼントされた際)と感想を述べている。

http://www.j-cast.com/2015/10/05247030.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -