黒木奈々さん32歳、胃がんで死去、訃報に追悼の声続々(9/19 スポニチアネックス)

 胃がんの治療を受けていたフリーアナウンサーの黒木奈々(くろき・なな)さんが19日午前2時55分に死去した。32歳。鹿児島県出身。同日、所属事務所が発表した。高校の先輩でシンガー・ソングライターの辛島美登里(54)同じ所属事務所の中田有紀アナウンサー(42)杉崎美香アナウンサー(36)香屋ルリコアナウンサー(29)が追悼。インターネット上には悲しみの声が相次いだ。

 辛島と黒木さんは鹿児島県立鶴丸高校出身。辛島はツイッターで「高校の後輩で、知人を介し、術後、お見舞いメールをさせていただきました。前向きなかわいいお返事をくださり、お目にかかれる日を楽しみにしてたのに、残念です。心からご冥福をお祈りします」とお悔やみをつづった。

 中田アナはブログで「同じ事務所の黒木奈々さんが亡くなられたと聞いて驚きました。お会いしたことはありませんでしたが、上品で凛とした雰囲気の素敵な女性だなと思っていました。同じ報道の仕事に携わる者として奈々さんが元気になったら、いつかお会いして、いろいろとお話ししたいと思っていたのですが…。闘病生活は心身ともにさぞつらかったろうとお察しいたします。心よりご冥福をお祈り申し上げます」としのんだ。

 杉崎アナはブログで「同じ事務所に所属しているキャスターの黒木奈々さんが亡くなられました。快方に向かっているとばかり思っていたので、一報を聞いたときは唯唯ショックでした。心より、黒木さんのご冥福をお祈り致します」と悼んだ。

 香屋アナはブログで黒木さんを「お会いしたことはありませんでしたが、32歳という若さだったことをきき、言葉を失いました」とし、同アナも父親を胃がんで亡くしたこともあり、「心よりお悔やみ申し上げます」と悼んだ。

 インターネット上には「あまりにも若すぎる」「私より若いのに…ショック」「才能と実力があったのに残念」などと若すぎる死を悼むコメントが続々と書き込まれた。

 黒木さんは昨年7月に胃がんが見つかった。9月に受けた手術は成功し、自宅療養。今年3月からNHK BS1「国際報道2015」(月~金曜後10・00)に週1回のレギュラーとして復帰したが、7月13日の放送を最後に休養していた。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/19/kiji/K20150919011164550.html
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -