「私が大量被ばくしたのは国と東電のせい」元双葉町長・井戸川氏の裁判始まる(8/21 弁護士ドットコム)

2011年3月に福島第一原発の事故が起きたとき、原発が立地する福島県双葉町の町長だった井戸川克隆氏が「被ばくと避難によって精神的苦痛を受けた」などとして、東京電力と国に1億4650万円の損害賠償を求める裁判を起こしている。その第1回口頭弁論が8月21日、東京地裁で開かれた。

井戸川氏は、法廷での意見陳述で「私は事故直後に大量被ばくし、健康被害の恐怖や不安におびえ続けています。避難で被った苦痛は、筆舌に尽くしがたい」「今回の原発事故は、国や東京電力の落ち度による人災です」と訴えた。国と東電はいずれも争う姿勢を示した。

井戸川氏は福島原発1号機で水素爆発が起きた3月12日15時36分、屋外にいて、入院患者や福祉施設入居者らの避難指導をしていた。その際、空からぼたん雪のように放射性降下物が落ちてきたせいで、大量の被ばくをしてしまったという。

この日の意見陳述で、井戸川氏は「この事故が起きる前、国や東電は、核の『平和利用』をうたい、『原発は絶対安全』を繰り返し、何があっても『止める。閉じ込める。冷やす』と言い続けていた」「国や東電が、適切な事故防止対策をし、関係自治体にも適切な情報提供をしていれば、原発事故被害は最小限にとどまったはず」と主張。国・東電には、事故を防げず、適切な避難命令を出せなかったことで、住民を被ばくさせた責任があると訴えた。

●「被ばくの法的責任を明らかにするのが目的」

井戸川氏の代理人の松浦麻里沙弁護士は「被ばくの責任が国・東京電力にあることを、法的に明らかにすることこそが、訴訟の目的だ」と意見陳述した。国の責任については「原発事故防止対策の不備を漫然と見過ごした」「避難指示の遅れがあったせいで、被害が拡大した」などと指摘した。一方、東電の責任については「事故対策を怠り、福島第一原発の安全対策に不十分さがあると判明しても、漫然と見逃した」とした。

また、井戸川氏が被った損害については「被ばくによる健康被害への恐怖・ストレスに加え、不便な避難生活を強いられたこと、故郷に帰れないこと、避難で地域・人との繋がりが絶たれたこと、財産を失ったことなど、損害は計り知れない」と説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00003581-bengocom-soci
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -