東電、原発停止と値上げで過去最高益、原油安などで燃料費減(日経QUICK)

 東京電力(9501)が29日発表した2015年4~6月期の連結決算は、経常利益が前年同期比4.1倍の2141億円となり、4~6月期として過去最高を更新した。原油や液化天然ガス(LNG)の価格低下で燃料費の負担が減少した。

 売上高は1%減の1兆5516億円、営業利益は3.2倍の2282億円だった。燃料費の下落に対し、燃料価格の変動を電気・ガス料金に反映する燃料費調整制度(燃調)による電気料金の値下げに時間差が生じていることも利益の増加要因となった。同社ではこのプラス効果を1800億円程度と試算している。

 最終損益は2033億円の黒字(前年同期は1732億円の赤字)。原子力損害賠償・廃炉等支援機構からの資金交付金を特別利益として4267億円計上した一方で、特別損失に原子力損害賠償費を4056億円計上した。

 16年3月期通期の連結業績予想は、現在運転を停止している柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働時期が見通せないことから引き続き開示していない。同日記者会見した武谷典昭常務執行役は「今期については燃料費調整制度のタイムラグの影響。必ずしも楽観視できる状況ではなく、コスト削減には引き続き取り組んでいく」と話した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLASFL29HTW_29072015000000
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -