まわらない核燃料サイクル 国の関与や負担めぐって議論始まる(7/14 テレビ朝日)

国内の原発がすべて止まっているなか、一方では使用済み核燃料の処理と再利用を進める「核燃料サイクル事業」の研究が進められています。この研究の主体となる「日本原燃」に対し、電力各社は巨額の積立金を拠出してきました。しかし、今後、「電力の自由化で競争が激化する」として、これまでのような負担はできないと国にも負担を求め、その議論がスタートしました。

 (経済部・朝日健一記者報告)
 会議は14日午前11時から始まり、電力自由化後の課題について、早速、議論が始まっています。使用済み核燃料の再処理事業は、12兆円以上に上る総事業費が見積もられ、電力各社は電気料金から5兆円を捻出してきました。しかし、電事連の八木会長は電力自由化で経営環境が厳しくなるとして、「原子力は超長期にわたり、費用も相当掛かる。国の関与強化をお願いしたい」と求めていました。このため、会議の焦点は、事業の中心となる日本原燃を株式会社から国の認可法人に変えるかどうかです。認可法人化によって、国からの運営資金の拠出や経営参加などが検討の対象となるためです。ただ、再処理工場はトラブルなどで稼働が大幅に遅れていて、今後の事業の見通しも立たない状況です。巨額の費用を掛け続けて事業を継続するのかどうか、その議論はないまま、国の支援協議が先行する形になりそうです。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000054676.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -