川内原発、放射性物質大量放出へ現実的危険性ない、九電主張(6/9 財経新聞)

九州電力川内原発の1・2号機操業差し止め訴訟の第9回口頭弁論が8日、鹿児島地裁であり、九州電力側は「川内原子力発電所の耐震安全性は十分確保されている」と主張した。九州電力は原告請求の棄却を求めている。

 九州電力は口頭弁論で「原告から川内原子力発電所の基準地震動が過小との主張があったが、基準値震動は過去に発生した地震動の様々なデータから統計的に算出される平均像を基に、地域的な特性を考慮し、不確かな部分については安全側に評価した上で地震動評価を実施した」と主張。「基準地震動を超過する地震動が発生する可能性は極めて低い」と主張した。

 また、耐震安全上の余裕について「仮に基準地震動を超過する地震動が到来したとしても耐震安全性に直接影響を与えるものではなく、万が一異常な事象が発生したとしても、十分な安全確保対策が講じられていることから、放射性物質の大量放出事故に至る現実的危険性はない」と主張した。

http://www.zaikei.co.jp/article/20150609/253274.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -