地震で「列車ホテル」580人余が一夜(5/31 NHK)

30日夜の地震の影響で東海道新幹線のダイヤが乱れ、乗り継ぎができない乗客が出たことから、JR東海は、東京駅など3か所で停車中の新幹線を休憩用に開放するいわゆる「列車ホテル」を用意し、合わせて580人余りが車内で夜を明かしました。

JR東海によりますと、東海道新幹線は30日夜の地震で、東京・新大阪間の全線で一時、運転を見合わせ、その後も最大で2時間近い遅れが出るなど、およそ4万7000人に影響が出ました。
このためJR東海は、乗り継ぎができなかった乗客のために、東京駅と名古屋駅、それに新大阪駅で、31日の始発まで止まっている新幹線を開放するいわゆる「列車ホテル」を用意しました。
東京駅では48人が車内に泊まり、このうち新潟県内での法事から東京を経由して静岡市の自宅に帰る途中だった女性は「東京駅に着いたのが夜遅くで、ホテルを探しても空きが見つからなかったので助かりました。車内で少しでも休もうと思います」と話していました。
福島県内での仕事から静岡市に帰る途中だった男性は「あすの仕事に間に合わないかもしれず、本当に残念です。車内で本でも読んで過ごそうと思います」と疲れた表情で話していました。
このほか、新大阪駅でも183人、名古屋駅では350人が「列車ホテル」を利用し、合わせて581人が車内で夜を明かしました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150531/k10010098021000.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30