放射能汚染、「5千万人が30年以上避難必要になる瀬戸際の原発事故だった」菅元首相(4/19 財経新聞)

東京電力福島第一原発事故に対し、当時の総理だった菅直人元総理は「東京を含む東日本から5000万人の避難が30年以上必要となる瀬戸際の事故だった」と振り返り、「70年前の敗戦にも匹敵する被害を受ける寸前だった」と原発事故の危険について警鐘を鳴らすとともに「自然災害と異なり政治で発生を止めることができるのが原子力災害だ」と強く呼びかけている。

 菅元総理は「福島原発事故は外国からの攻撃で発生してのではない。日本自体が国策として作った原発の事故だ」と原点を示し、関西電力高浜原発3号機、4号機に対する住民による再稼働差し止め仮処分申請を認める決定を福井地裁が下したことに、司法が「行政手続きが適正かどうかを超え、国民に被害を与える危険性は無いのか、原発の安全性を直接判断する姿勢を示し始めた」と評価。

 そのうえで「政府は原子力規制委員長の(福井地裁の決定には)事実誤認がある」という言葉をとらえ、新規制基準が甘いという判決の趣旨を無視しようとしている」と問題視。

 菅元総理は「日本列島が4つのプレートのせめぎ合う境目にあり、世界で最も地震の多い地域だということは誰も否定できない。そういう認識から見て、新規制基準が甘いという裁判所の指摘には真摯に聞く耳を持つべきだ」と政府にも、原子力規制員会にも、福井地裁の仮処分決定での指摘に真摯に向き合うよう提起した。

http://www.zaikei.co.jp/article/20150419/246013.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -