さとう珠緒さん42歳 自覚なき脳梗塞が多発 認知症の危険

さとう珠緒さんと言えば、ぶりっ子アイドルと言うイメージが強いかと思います。42歳でも「ぷんぷん」と言う仕草は今でも健在の様ですが、以前に比べてテレビの露出度が減っているようです。

先日、「しくじり先生」では、仕事が減ってしまった原因を自ら分析し「女性に嫌われたから」と言っていました。週刊文春が行っているアンケートでは、「女が嫌いな女」で、2年連続1位を獲得。そのあたりから、仕事が激減したと言います。

先日のテレビを見る限り、42歳とは思えない若さと可愛らしさを維持しているさとう珠緒さんですが、脳の健康診断では、脳梗塞を多発していたようです。

脳梗塞は命を脅かし、助かっても障害が残る可能性のある怖い病気ですが、知らないうちに脳梗塞を起こしている例もあり、脳ドッグなどを受けるとわかります。

さとう珠緒さんの場合、「主治医が見つかる診療所」の番組内で人間ドックを受けたところ、判明したようです。

脳梗塞には、3つのタイプがあり、
①ラクナ梗塞(末端の細い血管の狭窄)
②アテローム血栓症(動脈硬化などで血管壁にコレステロールなどが溜まり、そこに血小板が集まる)
③心原性塞栓症(頸動脈や心臓などで作られる血栓が)

自分がどのタイプかを見極めると、対策がしやすくなるそうです。

脳梗塞が多発した痕跡があると聞くと心配になりますよね。すぐに命の危険はないようですが、今後命に係わる梗塞を起こさないよう摂生していくことが大切です。

私の叔母も、珠緒さんと同じような診断を受けましたが、「減塩を心がけ血圧を下げる」、「水分を多く摂る」などの生活を心がけ、その後30年近く問題なく過ごしています。

珠緒さんの場合は、どのような脳梗塞で、そのような対策が必要なのでしょうか。ここからは、主治医が見つかる診療所の内容になります。
*        *
さとう珠緒さんは、このまま放っておくと認知症になる可能性があるそうです。

珠緒さんの食生活を見ると、野菜などを多く摂り、気を使っているように見えますが、実は毎晩たくさんのお酒を飲む酒豪でした。

健康そうな珠緒さんですが、番組で人間ドックを受けた結果、脳の後頭部に5か所の脳梗塞が見つかりました。

さとう珠緒さん42歳 自覚なき脳梗塞が多発 認知症の危険
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -