原発事故で外遊びできず、福島の子供の肥満傾向続く(1/24 日本経済新聞)

 福島第1原子力発電所事故の影響が残る福島県で、肥満傾向児が3年連続で高い水準にあることが、24日までの文部科学省の2014年度学校保健統計調査(速報値)で分かった。運動不足が原因とみられる。県などは対策に取り組んでいるが、効果は表れていない。

 調査は全国の5~17歳の約69万人(全体の5%)を抽出し、昨年4~6月に実施した。標準体重などから算出する肥満度が一定水準を超えた児童・生徒を「肥満傾向児」と定義し、都道府県別に結果をまとめた。

 福島県の肥満傾向児の割合は、9歳が全国平均(8.14%)の1.8倍の15.07%だったほか、6歳、7歳、11歳、12歳、13歳の6つの年齢で全国最多。13年度と比べると8つの年齢で割合が増加した。

 肥満傾向児の割合の全国平均は3年連続で10%以下で、減少が続いており、12年度以降に増えた福島県の子供の肥満傾向が顕著になっている。

 県教育委員会によると、部活動や体育での屋外活動時間を制限している公立学校は昨年5月時点で2%だった。ただ放射線による健康被害を不安視して外遊びを控えさせる家庭が増えたり、避難に伴い通学が徒歩からバスに変わったりしたことが、肥満につながったとみられるという。

 県は原発事故後、滑り台やうんていなどを備えた約60カ所の屋内遊び場を県内各地に整備した。昨年3月には運動能力の向上に効果的な体操を考案し、体育の授業に採り入れるよう学校に呼びかけている。県教委の担当者は「対策の効果が表れるまでには時間がかかる」としている。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H5O_T20C15A1CR0000/
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -