除染袋が損傷し、汚染土壌が飛散、トラックの荷台を傾け除染袋を落下する、ずさんな作業に改善要請(10/24 福島民報)

 県は23日、南相馬市小高区の避難指示解除準備区域で行われている国直轄除染の実施状況確認調査で、除去土壌を運搬する際、土壌の飛散、流出の恐れがあるとして、環境省福島環境再生事務所に改善を求めたと発表した。県の実施状況調査で同省に改善を求めたのは初めて。
 県によると、住宅除染で生じた除去土壌の集積場所でトラックから除染袋を降ろす際、荷台を傾けて除染袋を落下させていたのを今月2日の調査で確認したという。県は除染袋が損傷し、土壌が飛散するなどの恐れがあるとして改善を求めた。除染をしたのは大成・五洋・日本国土・佐藤工業・三菱マテリアル共同企業体。同事務所は「事実確認を行い、再発防止を徹底するよう指導する。再発防止策は、ほかの国直轄除染区域でも同様に行う」としている。

http://www.minyu-net.com/news/news/1024/news3.html
関連記事

タグ : 除染 福島民報

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -