汚染水が漏れ続ける福島、除染できない海底に放射性物質蓄積、福島県いわき沖で海底の放射能調査(10/21 読売新聞)

 東日本大震災の津波で沈没して新造された県の漁業調査船「いわき丸」が21日、いわき市の小名浜港沖で海底の放射性物質濃度の試験調査を行った。

 これまでは調査地点ごとに海底土を採取し、研究所で約2週間かけて放射性物質濃度を分析していた。いわき丸に導入された装置は、検知器を装着した長さ9メートルのゴムホースを海底に下ろし、海底の表面を1秒ごとに連続測定できる。測定結果と船の位置データを合わせて分析することで調査区間の放射性物質濃度が2~3日で分かり、濃度の高い地点を発見できる。

 別の装置では、海底土の深さによる濃度の違いなども調査できる。

 この日の試験調査は、港から3~4キロ・メートル沖合の水深約30メートル付近で約10分間行われた。11月からは毎月1回程度、本県沖20~30キロ・メートル付近で本格調査を行う予定。県水産試験場は「定期的な調査で海域への放射性物質の影響を調べ、本県沖漁業の再生に役立てたい」としている。

http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20141021-OYTNT50493.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -