やっぱり金目、原発交付金を引き下げ、別の交付金を検討、何もなくても財政支援(10/24 NHK)

経済産業省は現在、原子力発電所がある自治体に特例として支払われている交付金について、前提となる計算が高すぎるとして支払額を段階的に引き下げる一方で、新たな財政支援策を合わせて検討していることが分かりました。

原発や関連施設がある立地自治体などには、原発の発電量に応じて国から交付金が支払われる制度があります。
原発事故のあと、交付金が減って自治体の財政に悪影響が及ぶのを避けるため今は特例措置として運転が止まっていても稼働率を最大で81%とみなして交付金が支払われてきました。
この制度について経済産業省は、前提となる計算が高すぎるとして稼働率の設定を段階的に引き下げて交付金の額を減らす案を検討していることが分かりました。
事故前の原発の稼働率はおおむね60%台で推移していたため、今後、原発が再稼働する場合、自治体によって受け取る交付金の額に差が出ることを避けるねらいがあります。
一方で電力会社が老朽化した原発を廃炉にした場合、今の制度では自治体には交付金が支払われなくなるため、経済産業省では一定期間に限って支払いを続ける案など、新たな財政支援策を合わせて検討していることが分かりました。
経済産業省では来週27日に開かれる有識者会議で見直しに向けた本格的な議論を始めることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141024/k10015656131000.html
関連記事

タグ : 原発 交付金 NHK

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -