誰も責任を取らない原発事故、「大地震は想定していない、テロ対策は説明できない」川内原発再稼働で質疑打ち切り、住民不満(10/10 NHK)

全国の原子力発電所で初めて新しい規制基準に適合しているとされた鹿児島県の川内原発が立地する薩摩川内市で住民説明会が開かれ、住民から地震や津波などへの対策をもっと厳しくすべきだという意見が相次いだのに対し、原子力規制庁の担当者は「自然環境の厳しさも勘案している」などと理解を求めました。

川内原発について、原子力規制委員会は先月、九州電力の安全対策が新しい規制基準に適合しているとした審査書を決定し、鹿児島県はこの審査書の住民説明会を原発周辺の5つの市と町で開くことにしています。
9日夜は原発が立地する薩摩川内市で最初の説明会が開かれ、原子力規制庁の担当者が、新たな規制基準に基づいて見直された川内原発の地震や津波の想定、それに重大事故の対策などを説明しました。住民からは「想定されている最大規模の地震の揺れの大きさは過小評価されている」などと、地震や津波、それに重大事故への対策をもっと厳しくすべきだという意見が相次ぎました。
これに対し、原子力規制庁の担当者は「新たな規制基準は海外の基準を参考にわが国の自然環境の厳しさも勘案して策定している」などと説明し、理解を求めました。説明会では終了予定を30分近く超過した時点でも発言や質問を求める出席者が多くいましたが、質疑は打ち切られ、会場からは不満の声が上がっていました。
鹿児島県と薩摩川内市は、今回も含めた住民説明会での住民の反応や議会の議論などを踏まえ、再稼働に同意するかどうか最終的に判断することにしています。
.

地震や重大事故の対策に質問相次ぐ

住民説明会では、新たな規制基準に基づいて見直した地震や重大事故の対策に質問が相次ぎました。
このうち、想定される最大規模の地震の揺れの大きさについては、住民から「川内原発は620ガルと想定しているが、過小評価していて、当時、原子力安全基盤機構が解析で示した1340ガルというより大きい地震の揺れを取り入れるべきだ」という意見が出されました。
これについて原子力規制庁の担当者は、「震源を特定しない地震から620ガルと評価しており、1340ガルは、研究のために設定した数字で、実際に起こった地震から考えたものではなく、取り入れなかった」と答えていました。また、重大事故への安全対策では「テロ対策への説明がない」という質問が出され、これに対しては、「テロ対策は非公開の審査で確認していて、体制や対応手順でできるかぎり準備してもらっているが、説明できる範囲に限りがあることを理解してほしい」と説明していました。
さらに、「福島第一原発の事故がまだ終わっていないなかで、こうした安全対策の説明をして説得力があると思うか」という質問も出され、原子力規制庁の担当者は、「非常に厳しい意見で十分に説明できていないかもしれないが、これまでにやってきたことを真摯(しんし)に説明している。いろいろな受け止め方があると思うが、説得力があるかは皆さんで判断してほしい」と答えていました。
このほか、原発事故の際の避難計画は市民の命を守る最も重要なものだとして、再稼働の欠かせない条件にするよう薩摩川内市の岩切秀雄市長に求める意見も出されていました。


「関心高いことを実感」

説明会のあと、原子力規制庁の市村知也安全規制管理官は、記者団に対し、「われわれが審査してきた内容をできるだけ正確に分かりやすく説明できるよう努力した。参加者には熱心に聞いてもらい、非常に関心が高いことを実感した。厳しい意見や批判もあったが、経験を積み重ね、今後の説明会で改善していきたい」と話しました。


地元知事と市長がコメント

住民説明会に出席した鹿児島県の伊藤知事は説明会のあと「重大事故の発生を防止するための対策や重大事故の発生を想定した対策など川内原発に関わる審査結果について、説明されたと理解している。残る4会場においても同様の説明をお願いしたい」というコメントを発表しました。
住民説明会に出席した薩摩川内市の岩切秀雄市長は「参加した人たちからさまざまな質問もあったが、質問があったことによってさらに川内原子力発電所の安全性についての理解が進んだものと考えている。川内原発の再稼働に関しては、新規制基準に適合し、再稼働に求められる安全性は確保されていると政府も確認しているが、立地自治体としては、今後、市議会の議論を踏まえ判断したいと考えている」というコメントを発表しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141010/k10015285601000.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -