福島県いわき市に復興支援ライブ劇場、演劇やミュージカルに活用(10/4 福島民友)

 いわき市出身の矢内広ぴあ社長が代表理事を務め、音楽や演劇などエンターテインメントを通じた復興支援活動を行っている団体「チームスマイル」は3日、いわき市内に若者たちの活動の場として建設を計画しているライブ専用の劇場を来春、JRいわき駅付近の同市平祢宜(ねぎ)町にオープンすることを明らかにした。
 新劇場の名称は「チームスマイル・いわきPIT(ピット=パワー・イントゥ・東北)」で、200席規模となる見込み。詳しい建設地はまだ示していないが、年内にも着工する。演劇やミュージカル、講演会、市民の発表の場としてなど、さまざまな用途に活用する。
 新劇場はいわき市を含め、被災地で若者たちが夢を追い掛ける活動を継続的に支援しようと、宮城、岩手の両県と東京の計4カ所に開設する。同団体は「若い世代の夢や才能を養い、夢を持って元気に立ち上がれるような企画を実現し、被災地自らの復興を後押ししていきたい」としている。

http://www.minyu-net.com/news/news/1004/news11.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -