太陽光買取中止で、宮崎県、屋根貸し太陽光発電の公募も中止(環境ビジネスオンライン)

宮崎県は、九州電力より太陽光など再生可能エネルギー発電設備に対する接続申し込みの回答を数カ月保留する旨公表されたことを受け、「県立学校施設屋根貸し太陽光発電設備設置事業」の募集を中止すると発表した。現時点で本事業を進めることが困難と判断した。

同県は、今回の対応について「現地調査など申し込みに向けて検討を進められていた企業等には大変残念な結果ではあるが」とコメント。今後については、九州電力の再生可能エネルギーの固定価格買取制度の申し込み等への動向を注視し、改めて当該事業の実施を検討していく考えだ。

同県は、8月1日に、固定価格買取制度を活用し、再生可能エネルギーの利用促進や施設の防災機能強化等を目的とし、県立学校施設50棟の「屋根貸し」による太陽光発電設備設置事業者を企画提案により公募すると発表。

現地説明及び調査を8月25日から9月30日に実施。企画提案書の提出期間は10月8日~10月24日で、11月中旬に事業実施者を選定する予定だった。

九州電力の接続申請保留の発表を受け、太陽光発電事業を推進してきた事業者や自治体などに影響が広がっている。産業用太陽光発電の事業分野に経営資源を集中する方針を示していたサニックス(福岡県福岡市)は、25日、今後の事業計画を見直す対応策を発表している。

http://www.kankyo-business.jp/news/008834.php
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -