茨城県も食べて応援、都内ホテル・クルーズ船のシェフを大使に委嘱、茨城食材をPR(9/24 茨城新聞)

全日本司厨士協会東京地方本部城西地区本部の「食材の宝庫茨城 魅力をさぐるツアー」が17日、笠間市で行われ、会員40人が新品種の育成や栽培技術を視察するとともに、生産者などと交流しながら茨城の味を堪能した。

同ツアーは、同本部が実施している研修会の一環として実施された。

一行は、同市安居の県農業総合センターで、米の「ふくまる」「一番星」やナシの「恵水」など新品種の育成や研究などについて説明を受け、試食も実施。ほ場などでブドウやナシの栽培状況を視察した。

この後、同市平町の北山公園で、常陸牛や栗豚、ジネンジョ、アワビ、伊勢エビ、ブドウなど、県や同市の食材をバーベキューで味わいながら、生産者などと交流した。

ホテルの料理長を務める小林正信さんは「努力しておいしいものを作ろうという姿勢に感動した。機会があれば自分のホテルでも使ってみたい」。クルーズ船の副料理長、中村徹也さんは「これだけ隠れた食材があることにびっくりした。もっとPRしてもらえれば」と驚いた表情を見せた。

県販売流通課の田中仁士課長補佐は「都内のシェフなどをアンバサダー(大使)に委嘱して、県の食材のPRにつなげていきたい」と話した。

http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14114557892364
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -