自主除染も賠償、東電、24年9月末実施分まで 避難区域除く地域(9/19 福島民報)

 東京電力福島第一原発事故に伴う除染費用をめぐり、東電は平成23年3月11日から24年9月30日までに個人・事業者が自主的に行った除染費用を賠償する。18日、発表した。
 24年1月1日施行の放射性物質汚染対処特措法では、原発事故に伴う除染費用は東電が全て負担すると明記した。
 ただ、東電は法施行前の23年に個人・事業者が実施した除染については、賠償の責任が示されていないとして賠償の対象外としてきた。しかし、県民からの強い要望と原子力損害賠償紛争審査会の中間指針第2次追補を踏まえ方針を転換した。東電が賠償の対象外として請求を却下した事例でも、再申請で救済される可能性がある。
 避難指示区域を除く県内外の個人・事業者が対象。居住や事業の継続と空間放射線量低減を目的に、市町村などの除染とは別に負担した除染費のうち、「外部委託費」「物品購入費」「証明書類取得費」を損害とする。賠償金額は「必要かつ合理的な範囲」と幅を持たせた。
 個人宅は所有する住宅の他、庭、駐車場、離れ、蔵などが対象となる。事業所はオフィスビルや工場、駐車場、倉庫、植栽などが含まれる。除染作業のために購入した物品の領収書、作業委託の場合は作業実施報告書などが必要となる。
 賠償地域は、福島第一原発からの距離や空間放射線量を踏まえ、自主的な除染が合理的だったかどうかを個別に確認するという。浜通りと中通りの35市町村については確認を省略する。

◆自主的除染費用の賠償で合理性の確認が省略される35市町村
福島、郡山、いわき、白河、須賀川、相馬、二本松、田村、南相馬、伊達、本宮、桑折、国見、川俣、大玉、鏡石、天栄、西郷、泉崎、中島、矢吹、棚倉、矢祭、塙、鮫川、石川、玉川、平田、浅川、古殿、三春、小野、広野、川内、新地

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/09/post_10729.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -