秋バテで「心筋梗塞と脳卒中」の危険、疲れやすい、だるい、立ちくらみ、めまいは前兆現象(9/11 テレビ朝日)

09/11 11:14 (テレビ朝日[ワイドスクランブル])
気温急降下で要注意!「秋バテ」とは?

天候の急激な変化によって引き起こされる秋バテ。
季節の変わり目に起きるちょっとした症状。
頭痛、肩こり、疲労感などの体調不良多くの人が悩まされている。
秋葉原駅クリニック・大和田潔医師は「なぜか体がだるくて疲れが抜けない。
心筋梗塞とか脳卒中とか起こしてくることはあるかもしれない」とコメント。
日常生活での油断から、知らないうちになる秋バテ。
予防と対策を徹底解説。

気温急降下が原因「秋バテ」危険性と対処法

秋バテのサイン。
なぜか体がだるい、疲れが抜けない、なかなか寝付けず寝起きも悪い、なんとなく体調不良が続く。
夏バテと秋バテの違い。
夏バテは体力がなくなる、食欲がなくなる。
秋バテはこれに加えて疲れやすい、だるい、立ちくらみ、めまい、ぼーっとする、寝不足で寝起きが悪い。
急激な気温の変化、夏の疲れ。
秋バテになりやすい人の特徴は持病(ぜんそく、偏頭痛など)がある、アレルギー持ち、女性、高齢。
秋バテが引き金になって持病が悪化する。
秋葉原駅クリニック院長・大和田潔(内科、神経内科、頭痛、めまい、吐き気、肩こりに関する著書多数)、ジャーナリスト・末延吉正、脳科学者・中野信子のスタジオコメント。

「秋バテ」で持病悪化も…効果的な予防と対策

“秋バテ”の予防と対策。
軽い運動をする。
脳内で体を活性化させる。
ホルモンが分泌され自律神経が整う。
ウォーキングやジョギングを週2~3回。
ぬるめの湯船にゆっくり入る。
入浴は神経を休ませる作用がある。
37~39℃のお湯に15分程度が目安。
急激な気温の変化を防ぐ、羽織ものを持ち歩く。
ストール、ひざかけ、腹巻きなど。
良質な睡眠をとる、決まった時間に寝て決まった時間に起きる。
朝日光を浴びて体内時計、生体リズムを整える。
鮭、青魚、海藻類、カニなどを摂る。
秋葉原駅クリニック院長・大和田潔(内科、神経内科、頭痛、めまい、吐き気、肩こりに関する著書多数)、脳科学者・中野信子(「恋愛と脳」など従来にない分析、医学博士、上位2%のIQ所有者のMENSA会員)のスタジオコメント。

http://jcc.jp/news/8731432/

関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -