放射能汚染で富士山麓キノコが出荷停止、山梨のキノコ農家、東電に賠償請求(9/11 毎日新聞)

 富士山麓(さんろく)の恩賜林を保護育成・管理している山梨県の鳴沢・富士河口湖恩賜県有財産保護組合(小林武組合長)が、野生のキノコが福島第1原発事故の影響で採れなくなり損害を受けたとして、今月中にも東京電力に200万〜300万円の賠償請求を求めることが分かった。

 北麓地域の富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村の野生キノコから2012年10月、国の基準(1キロ当たり100ベクレル)を上回るセシウムが検出された。県は国の指示を受け、3市町村で採れた野生キノコの出荷を制限し、採取も自粛を求めた。この措置は現在も続いている。

 組合は、キノコ狩りの入山者が支払う「入山鑑札料」として一般2000円、組合員1000円を徴収している。毎年1500人前後が訪れていたが、出荷制限以降、鑑札の発行を中止している。

 このため、13年度に徴収予定だった鑑札料の賠償を東電に請求することを決め、今年3月、組合議会の承認を得た。12年度分は、セシウム検出時点でシーズンがほぼ終了していたため請求しない。

 組合は「収入がないことで、下草払いや間伐など林の管理にも影響が出ている」と訴えている。東電山梨支店は「状況を把握したうえで対応していきたい」と話している。

http://mainichi.jp/select/news/20140911k0000e040146000c.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -