「世界はエボラ封じ込めの闘いに負けつつある」、国境なき医師団(9/3 AFP)

【9月3日 AFP】緊急医療援助団体「国境なき医師団(Doctors Without Borders、MSF)」は2日、「世界はエボラ出血熱を封じ込める闘いに負けつつある」との見方を示した。

 MSFインターナショナルのジョアンヌ・リュー(Joanne Liu)会長は米ニューヨーク(New York)の国連(UN)本部でエボラ出血熱について報告し、世界の指導者たちはエボラ出血熱への対応に失敗しつつあると述べ、西アフリカに援助と要員を送る緊急の対応を求めた。

 リュー会長は「世界保健機関(World Health Organization、WHO)が8月8日にエボラ出血熱が国際的な保健衛生上の緊急事態になったと発表したが、決定的な行動にはつながっておらず、各国は基本的に地球規模の怠慢に加わっている」と指摘し、各地の緊急仮設病院の増床への資金提供、訓練された要員の派遣、ギニア、シエラレオネ、リベリア全域への移動検査所の展開を国際社会に求めた。

 MSFは声明で、事態が特に深刻なリベリアの首都モンロビア(Monrovia)では、800床の増床が必要だと指摘している。(c)AFP/Frankie Taggart

http://www.afpbb.com/articles/-/3024878
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -