30年後の福島、チェルノブイリで「核廃棄物」を蓄積する新たなチェルノブイリが準備(8/28 ロシアの声)

ウクライナでは核廃棄物を集中的に一箇所に集める施設のプロジェクトがスタートした。以前はロシアへと再利用のために送りだされていた核廃棄物は、これからはウクライナ国内で蓄積されることになる。

核廃棄物貯蔵施設は、28年前、原発事故を起こし、すべての生き物を破壊したチェルノブイリの敷地内に建てられる。つい最近、ウクライナ政権はこの地区に生態系保護区を作り、放射能で汚染された貯水池や土壌を浄化することを明らかにしていた。この場所には人が住まなくなって久しいため、野生動物や植物の保護を行うには格好の場所だというわけだ。だが政治的野心は環境学者の声を、いや理性をもさえぎった。キエフ当局はロシアとのあらゆる結びつきを絶ちたいがゆえに、チェルノブイリに核廃棄物貯蔵施設を作ろうと決めた。その設計を担ったのは当然ながら米国で、しかもあのHoltec Internationalだった。これまで再処理のためにロシアに送られていた3箇所の原発からの廃棄燃料は、これからはウクライナ領内で溜められることになる。

社会政治調査センターのウラジーミル・エヴセーエフ所長は、キエフ当局は事実上、問題を次世代に担わせているとして、次のように語っている。

「核の廃棄燃料は理想では再処理を行うべきものであることを理解せねばならない。再処理過程ではこの燃料から再度使用可能な物質、たとえばウラン235を取り出すことができるが、残りはすべて廃棄、埋蔵されねばならない。ところがウクライナはこれを計画していない。こうした再加工がなされなければ、放射性物質が大気圏に放出されたり、地下水に流れ出る危険性がある。そうなれば著しい範囲に汚染が引き起こされてしまう。」

だがウクライナが気にしているのは、ロシアに対し商品とサービスに支払う代金をいかに減らすかという一点に集約されており、そのためには自国の安全が損失を蒙っても仕方ないと考えている。ソ連製、ロシア製の原発に用いる燃料棒でさえ、米国のウェスティングハウスから買おうとしたほどだ。このウェスティングハウスの燃料棒は多くの問題を起こしたことでよく知られている。チェコもウクライナ自身もウェスティングハウスには泣かされた経験をもつ。

エヴセーエフ所長は、さらに次のように語っている。

「米国ウェスティングハウスは産業スパイを働き、燃料棒製造にこぎつけた。燃料棒はロシアの燃料棒にかなり似せて作られたが、実際の使用で見せる特質は根本的に異なっている。この燃料を使ったウクライナの原発が2基の原子炉の稼動を一時停止を余儀なくされたことがある。過熱した燃料棒を取り出す作業は困難を極め、ロシア人専門家が加わることでようやく大惨事を間逃れている。」

ロシアでは核分野でこうした実験を行えば恐ろしい結果になりかねないという声が上げられている。キエフ当局の思慮の足りない政治的決定によって技術災害が起きれば、その害はウクライナだけでなく、欧州全体に及んでしまう。欧州安全保障協力機構(OSCE)議長をつとめるスイスのブルカルテール大統領はすでに憂慮の念を表している。

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_28/276543866/
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -