放射能汚染で韓国政府に規制された宮城県産ホヤ、香港に輸出(8/28 河北新報)

 宮城県漁協は県産ホヤの香港輸出に乗り出す。同漁協が海外輸出に取り組むのは初めて。インターネットで注文を受け付け、空路を活用して水揚げ2日後には現地に届ける。今後ノリ、ワカメなど5品目の取り扱いも計画している。
 物流はヤマト運輸が担う。東京方面に陸送して航空機で沖縄に移送した後、香港へ空輸する。沖縄を経由することで税関手続きがスムーズに進むといい、9月9日にサンプル品を初出荷する。
 海外販売の実現は、農林中央金庫がことし2月に仙台市内で開いた商談会がきっかけ。生鮮品の海外配送に取り組むヤマト側とのマッチングが成立した。香港でのPR活動に向け、同金庫はリーフレット6000部の作製費を助成する。
 東日本大震災まで、宮城産ホヤは8割程度が韓国で消費されていた。福島第1原発事故の影響で韓国側の輸入規制が続いており、新たな販路の開拓が課題となっていた。
 宮城県漁協は「富裕層の間では日本産品が人気と聞いている。ホヤなどのニーズも期待できるだろう」と話している。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201408/20140828_12050.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -