代々木公園でデング熱、蚊に刺され10代、20代が感染、バリケードで封鎖(8/28 読売新聞)

 約70年ぶりにデング熱で国内感染者が出た問題で、厚生労働省などは28日、新たに東京都内の20歳代男性と埼玉県の20歳代女性の感染を確認したと発表した。

 2人とも入院して治療を受けている。男性は発熱などの症状があるが、女性は快方に向かっているという。

 発表によると、2人は、最初に感染が判明した10歳代女性と同じ都内の学校に通う同級生。8月初旬~中旬にかけて、代々木公園(東京都渋谷区)で、学園祭に向けてダンスの練習をし、そこで蚊に刺された。いずれも海外渡航歴はなく、厚労省は「公園でウイルスを持つ特定の蚊を媒介して感染した可能性が高い」としている。

 3人は約30人のグループで行動していたが、ほかに発熱など感染の兆候のある学生は、現段階ではいない。

 都は26~27日、公園内で蚊を採集して調査。ウイルスを持った蚊は確認されなかったが、28日午後5時から、3人が蚊に刺されたとみられる同公園の渋谷門近くの広場にバリケードを張り、薬剤を散布して蚊の駆除を行った。都は今後、調査箇所を増やし、監視を強化する方針。

 デング熱は東南アジアなど熱帯・亜熱帯地域で流行しており、これらの地域から帰国した日本人が毎年約200人感染している。国内での感染は戦後、確認されていなかった。

 東京医大病院渡航者医療センターの浜田篤郎教授は「今後、散発的に感染者が出る可能性もあるが、人から人に直接感染することはなく、冷静に対応してほしい」と呼びかける。感染を防ぐには、肌の露出が少ない服装をしたり虫よけスプレーなどを使ったりし、蚊に刺されない対策を取る。

 万一、感染した場合は発熱や発疹などの症状が出るが、多くの場合、重症化しない。浜田教授は「蚊に刺された後で症状が出た場合は医療機関を受診し、相談してほしい」と話している。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140828-OYT1T50086.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -