吉田調書「できるだけ早い時期に公表する」、情報が漏れて政府方針転換(8/25 NHK)

菅官房長官は午前の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故で現場の指揮に当たった吉田昌郎元所長の聴取結果について、当初の方針を転換し、来月のできるだけ早い時期に公表する考えを示しました。

政府は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を巡って、政府の事故調査・検証委員会が聴き取りを行った700人を超える関係者の聴取結果について、本人の同意があれば公表することを検討したいとして意向調査を行ってきました。ただ現場の指揮に当たり、去年7月に亡くなった吉田昌郎元所長の聴取結果については、吉田氏が生前に「すべてが事実であったと一人歩きすることが危惧される」などとして公表しないよう求める上申書を提出していたことから、公表しない方針を示してきました。これに関連して、菅官房長官は午前の記者会見で、「記録の一部のみを断片的に取り上げた記事が複数の新聞で記載され、『一人歩き』とのご本人の懸念がすでに顕在化しており、非公開とすることでかえってご本人の遺志に反する結果となる」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は「状況の変化や吉田氏の上申書の趣旨を踏まえれば、ヒアリング記録を公表しても差し支えない状況になりつつある」と述べ、当初の方針を転換し、来月のできるだけ早い時期に公表する考えを示しました。また、菅官房長官は「開示する場合は、第三者の権利や利益、国の安全等に関する分野などを除いたうえで、ほかのヒアリング対象者の最新の記録開示とあわせて公表したい。今、順次、ヒアリングされた方に対して事務方が接触しており、了解をいただいた方から公開し、最終的には年内にすべて終えたい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140825/t10014057291000.html
関連記事

タグ : 吉田調書 NHK

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -