タイの富裕層が「食べて応援」、福島県特産の桃、1個900円で販売(8/4 NHK)

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあといったん輸出が止まっていた
福島県特産の桃をアジアの人たちにPRしようと、タイの首都バンコクで販売会が開かれました。

これは全国第2位の生産量を誇る福島県の桃をアジアに多く輸出しようと福島県などが開きました。
会場となったバンコクのデパートの売り場にはピンク色の桃がずらりと並び、はっぴ姿の福島県職員やタイ人の販売員が大きな声で桃をPRしました。
価格は1個およそ900円と日本の3倍ほどの高値ですが、試食して味を確かめたタイの消費者は次々と買っていました。
母親を連れて来たタイ人女性は「試食してみて、冷たくていいにおいがして、甘かったです。母親もとても気に入りました」と話していました。
福島県からタイへの桃の輸出は原発事故のあといったん止まっていましたが、おととし9月から再開されました。
タイへの輸出量は平成24年度が1.1トン、平成25年度が1.9トンと増え続けていて、
福島県では高級スーパーを通じて富裕層を中心に販売を拡大したいとしています。
生産者団体から参加した皆川旨康さんは「タイの人たちが福島の桃を手に取っているのを見て、
感動しました。おいしい桃を届けてタイの人たちが笑顔になることを希望しています」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140804/k10013546201000.html
関連記事

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -