何としても福島に帰還させたい政府、「原発避難者は放射能に詳しく、専門家の確保が課題」(8/3 福島民友)

 政府は2日までに、原発事故による避難者や、帰還者の放射線不安や生活再建などの相談に応じる相談員制度の具体的な推進策をまとめた。相談員の活動は放射線防護を中心に、避難者らへの助言や地域単位で進める課題解決策の提案などで、避難市町村などが今後事業計画を作って開始される。ただ相談員にはより専門的な知識が求められ、人材確保が課題となる見通し。「地元任せ」になれば人員が確保できず、制度が形骸化する恐れもあり、国の積極的な対応が求められる。
 相談員制度は、昨年12月に閣議決定した「原子力災害からの福島復興の加速に向けて」で、地元市町村による相談員の配置や活動支援が示され、福島再生加速化交付金を財源に創設された。対象は避難区域の双葉郡を中心にした12市町村など。住民帰還の促進や帰還者への生活支援が目的だ。
 相談員の主な活動については助言や解決策提案のほか、避難者宅などに出向いての放射線量測定結果の丁寧な説明、放射線や生活再建などの聞き取りなどを挙げる。相談員には地元市町村の職員やOB、NPO法人などを想定しており、放射線の専門知識を持つことなどを求めていない。
 しかし事故後3年以上が過ぎ、避難住民は一定の放射線の知識を身に付けており、関係市町村からは「放射線関連の相談対応は専門家でないと難しい」との指摘がある。「現在は放射線防護だけでなく、ストレス改善などの相談が多い」といった意見もある。

http://www.minyu-net.com/news/news/0803/news1.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -