史上最悪、猛威振るうエボラ出血熱、米政府「平和部隊」340人も撤退、729人が死亡(8/1 産経新聞)

西アフリカでエボラ出血熱が猛威を振るっている。3月から始まった感染拡大は史上最悪の規模となり、世界保健機関(WHO)は7月31日、729人が死亡したと発表した。関係各国は非常事態を宣言するなどして封じ込めに全力を挙げており、欧米諸国も感染の連鎖を防ごうと対策に乗り出した。

 感染が広がっているのはギニア(死者339人)、シエラレオネ(同233人)、リベリア(同156人)の3カ国。国境を接していないナイジェリアでも1人が死亡し、空路による感染拡大の懸念が欧米に広がった。

 WHOによると、感染が確認、または疑われる例は計1323人に上る。チャン事務局長は31日、「新たな段階」に対応すべきだと述べ、対策費として1億ドル(約103億円)を拠出する考えを表明した。

 ロイター通信によると、シエラレオネのコロマ大統領は30日、緊急事態を宣言し、エボラ熱の感染が拡大する地域に治安部隊を派遣し、人の出入りを制限する方針を示した。

 隣国リベリアの政府も同日、国内すべての学校を一時閉鎖し、基幹業務以外に従事する政府職員に対して30日間の出勤停止を命じる緊急対策を発表した。

 米メディアは、「最もよい条件の下でも、封じ込めには3~6カ月かかるのではないか」という米疾病対策センター(CDC)のフリーデン所長の見通しを伝えた。国際医療支援団体「国境なき医師団」(MSF)も、「状況は悪化し続けている」と警鐘を鳴らしている。

 CDCは31日、感染が広がる3カ国への不要不急な渡航を控えるよう求める米国居住者向けの勧告を出した。勧告は3段階のうち最も高い「レベル3」で、2003年の新型肺炎(SARS)の際にも出された。健康上の高いリスクがある場合に限られている。

 AP通信などによると、米国人医師らが現地で活動中にエボラ熱に感染し、本国に搬送され治療を受ける予定だ。感染拡大を受け、米政府が組織するボランティア支援団体「平和部隊」は、3カ国に展開する340人を順次撤退させている。西アフリカからの移民が多い英国でも、緊急閣議を開催するなどして状況を注視している。

 WHOは1日、ギニアの首都コナクリで感染者が出た国々の首脳らと対策会議を開く。米ワシントンで6日に開かれる米アフリカ首脳会議でも、この問題が議題となる見通しだ。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140801/mds14080121330005-n1.htm
関連記事

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -