福島原発から50キロの海底泥が1キロ10ベクレル、東北大、食物連鎖での放射能濃縮を調査(8/1 河北新報)

 東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の汚染水問題に絡み、東北大農学部は2012年から福島県相馬地方沿岸で、海の生態などを調べている。7月29日あった潜水調査に同行した。(写真部・及川圭一)

 福島第1原発から北へ50キロ、福島県新地町の釣師浜近くから出船した。300メートル沖で吾妻行雄教授(59)ら3人に続き海中へ。海底は4メートル。砂が舞い、薄茶色に濁った海は1メートル先も見通せない。
 三滝川などの河口に近く、泥が海底にねっとりと積もっている。所々に砂地が広がり、岩にイソギンチャクがへばりつく。オキアミが群れを成し、マハゼがイワゴカイを食べていた。
 福島県の調査によると、潜水地点の海水セシウム濃度は2011年5月には約6ベクレル(1リットル当たり)だったが、ことし6月には非検出。泳いでも危険がない状態になった。
 ただし、海底の泥はまだ4ベクレルで、数キロ離れた地点では10ベクレルだった。
 吾妻教授らは今回、海底でワカメやアラメ、アワビ、ホヤなど、海藻9種と貝類13種を採取。海水と泥も採り「どこにどれくらいセシウムが残るのか、食物連鎖で生き物に移行する心配がないことを確かめる」という。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201408/20140801_63014.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -