ALPSが稼働せず、凍土壁も凍らず、地下水バイパスも失敗続きの東電、値上げで事故以来初の黒字(7/31 日本経済新聞)

 東京電力が31日発表した2014年4~6月期の連結決算は、経常損益が525億円の黒字(前年同期は294億円の赤字)だった。4~6月期としては10年以来4年ぶりに経常黒字に転換した。経常黒字は11年3月の東日本大震災以降で初めて。原燃料価格の変動を料金に反映する原燃料費調整制度(燃調)に基づき、4月から電気料金を値上げした影響で電気料収入が増加した。

 売上高は9%増の1兆5685億円。家庭や産業用などの販売電力量は合計で1.1%減ったが、電気料収入の単価上昇で増収を確保した。営業損益は706億円の黒字(前年同期は234億円の赤字)だった。液化天然ガス(LNG)などの燃料費は6249億円と、前年同期より1.8%減った。

 一方、最終損益は1732億円の赤字(前年同期は4379億円の黒字)だった。前年同期に原子力損害賠償支援機構から資金交付を受けた6662億円の特別利益がなくなった反動が出た。

 15年3月期の連結業績予想は、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市)の再稼働時期を見通せないとして、引き続き「未定」とした。14年3月期と同様、無配とする今期の配当計画も変更していない。

 広瀬直己社長は31日の決算記者会見で、4~6月期の経常黒字に関し「燃調の影響に加え、火力発電の高効率化や全社的なコストダウンを進めた結果」と語った。一方、修繕費の繰り延べ効果もあったことを念頭に「昨年度より状況は厳しい」とも述べ、合理化を継続する考えを改めて示した。

東電、震災後初の経常黒字 4~6月 値上げ寄与
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -