東京でヘルパンギーナが大流行、手足口病や咽頭結膜熱(プール熱)の感染者も増加

 東京都福祉保健局は7月17日、子どもの感染症である「ヘルパンギーナ」の患者報告数が都の警報基準を超え、大きな流行となっていると発表した。ほかにも手足口病や咽頭結膜熱(プール熱)の感染者も増加しており、感染予防を呼びかけている。

東京都におけるヘルパンギーナの発生状況

20140725_2.jpg
20140725_1.jpg

 発生状況について、平成26年第28週(7月7日~13日)の都内264か所の小児科定点医療機関から報告された定点あたり患者報告数(都内全体)は、ヘルパンギーナが7.13人(警報基準値は6.0人)、手足口病が1.09人(警報基準値は5.0人)、咽頭結膜熱が0.61人(警報基準値は3.0人)。ヘルパンギーナの保健所別患者報告数が警報基準値を超えたのは、31保健所中14保健所で、管内人口の合計は、東京都全体の60.0%にあたる。

 ヘルパンギーナは、エンテロウイルス(主にコクサッキーウイルス)による感染症で、毎年6月から8月にかけて流行する。患者の約95%は、6歳以下の小児(うち半数以上が2歳以下)。主な症状は、38度以上の突然の発熱、口の中にできる水ほう(小さな水ぶくれ)で、1週間程度でおさまる。

 へルパンギーナや手足口病、咽頭結膜熱はウイルスによる感染症で、主にウイルスが含まれた咳やくしゃみを吸い込んだり、手を介して口に触れたりすることで感染するという。感染を防ぐためには、こまめな手洗い、咳やくしゃみをする時には口と鼻をティッシュなどでおおう、集団生活ではタオルの共用を避けることなどに気を付けること。症状が治まった後も、患者の便の中には発症から2~4週間はウイルスが含まれているため、トイレの後やオムツを替えた後は、しっかり手洗いすることが重要という。

http://resemom.jp/article/2014/07/18/19526.html
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -