岡山大、放射能汚染土壌を除染する完全自動ロボットシステムを開発(7/4 マイナビニュース)

岡山大学は7月3日、汚染土壌を濾過する濾布交換作業を自動で行うロボットシステムを開発したと発表した。

同成果は、同大 自然科学研究科の見浪護教授らによるもの。濾過器や脱水機、ポンプなどを手掛ける石垣と共同で行われた。

東北地方太平洋沖地震に伴う原発事故に由来する放射線環境汚染問題が深刻化している。石垣は、汚染土壌の洗浄再生・減容化技術として、汚染土壌を洗浄し汚染土壌の80%程度を洗浄再生土として回収すると同時に、20%の高濃度濃縮汚染残土を生産するシステムにおいて、高濃度濃縮汚染残土を固形・減容化するフィルタプレス技術を開発し、その実証実験に成功している。しかし、高濃縮された汚染残土の固形・減容化処理工程における線量分布解析を行った結果、作業員の被ばく低減化対策としてフィルタプレス装置のロボットの自動化が不可欠だった。

そこで今回、研究グループは、石垣と共同で、完全自動フィルタプレス装置用自動濾布交換ロボットシステムを開発した。従来技術のロボットは工作物などの位置があらかじめ設定された位置と誤差が生じないことが前提となっており、加工物の位置決め誤差が発生すると、ロボットは正確に動作できなかった。特に、対象物の3次元位置・姿勢が変化する場合には作業は困難だった。これに対し、今回発表のロボットシステムは、3次元対象物の認識方法としてMOS(Move On Sensing)システムを構築しており、フィルタプレス装置の状況(濾布心棒の位置ずれなど)が変化しても、適応的に作業を継続できるという。

今後、研究グループは、完全自動フィルタプレス/ロボットシステムの実用化に向けて、石垣とさらに研究開発を進めていくとコメントしている。

http://news.mynavi.jp/news/2014/07/04/295/
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -