原木シイタケの放射能汚染で廃業続出の生産農家、「東日本原木しいたけ協議会」が大会(7/5 下野新聞)

 原木シイタケの放射能汚染問題の解決を目指す生産者で組織する「東日本原木しいたけ協議会」(飯泉孝司会長)の生産者大会が4日、宇都宮市内で開かれ、生産者が厳しい現状や切実な思いを訴えた。

 同協議会は2011年11月に結成された。東北や関東地方を中心に、現在は青森から広島まで1都20県の生産者約450人で構成する。

 同大会には約130人が出席した。 「生産者の叫び」と題して、本県や茨城、千葉、岩手の生産者が登壇し、ほだ場の土を入れ替える除染や原木調達の苦労など窮状を披露した。

 本県からは宇都宮市、古田土貴旭さん(35)が「原発事故前は大手スーパーとの取引がメーンだったが、それが打ち切られた」と風評被害を説明した上で「原木シイタケの将来につなげていくには、さまざまな方の継続支援が欠かせない」と訴えた。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140705/1645313
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -