地下水バイパス、過去最高の放射能汚染でも薄めて海洋放出、トリチウム2300ベクレル検出(7/3 しんぶん赤旗)

 東京電力は2日、福島第1原発の地下水バイパス計画で、海に放出するためのくみ上げ用井戸で6月30日に採取した地下水から、過去最高濃度となる1リットル当たり2300ベクレルのトリチウム(3重水素)を検出したと発表しました。この井戸では、海洋放出の開始後も約6週間にわたり放出基準(同1500ベクレル未満)を超える状況が続いていますが、東電はくみ上げを継続しています。

 濃度上昇傾向が続いている井戸は、12本あるくみ上げ用井戸の最南端。130メートルほど上流側には、昨年8月に高濃度の放射能汚染水が漏れたタンク群があり、漏えい事故による地下水汚染の影響が懸念されています。

 この井戸では、5月下旬に放出基準を超える同1700ベクレルが検出され、くみ上げをいったん停止しましたが、その後も基準を超える状態が継続しているにもかかわらず、6月12日にくみ上げを再開。東電は、12本の井戸でくみ上げた水を一時貯留タンクにためて基準値を下回れば海に放出する方針で、事実上、基準値を超えた汚染水を、ほかの井戸の地下水によって薄めて排出する運用となっています。7月2日にも、一時貯留タンクから地下水1858トンを海に放出しました。

 地下水バイパスは、原子炉建屋などへの地下水流入による高濃度汚染水の増加を抑制するために、建屋の山側で地下水をくみ上げて流す計画。現在、1日当たり300トン規模の地下水を12本の井戸でくみ上げています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-07-03/2014070315_02_1.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -