栃木県、死亡のおそれの感染症急速拡大、「腸管出血性大腸菌感染症」県内で8人(6/26 NHK)

栃木県内では先週、O157など感染すると死亡のおそれもある 「腸管出血性大腸菌」の感染者が8人確認されました。県は例年より早いペースで感染が広がっているとして生肉を食べないなど予防の対策を徹底するよう呼びかけています。
栃木県健康増進課によりますと今月22日までの1週間で「腸管出血性大腸菌感染症」の感染者は県内で8人確認されました。
いずれも症状は軽く回復に向かっているということですが今年に入ってからの感染者はこれで13人となり同じ時期の感染者数としては平成18年以降で最も多くなっています。
「腸管出血性大腸菌」に感染すると、激しい下痢や腹痛、高熱などの症状が出て重い場合は死亡のおそれもあります。
例年7月から8月にかけて感染者が増えますが県は「今年は例年より早いペースで感染者が増えている」として注意をよびかけています。
「腸管出血性大腸菌」は生の肉や野菜などを通じて感染し人から人への二次感染もあります。
このため県は▼こまめに石けんで手を洗う▼牛肉や鶏肉の刺身を生で食べることは控える▼焼き肉をするときに生肉に触れた箸を使って食べないようする、など予防対策を徹底するよう呼びかけています。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 被爆

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線
2011年3月の原発事故時、放射能プルームで被爆。江戸川区の自宅周辺の放射能を測定。測定した結果、放射能汚染が酷いことが判明。妻子は3月より大分県別府市に移住。私も2012年5月末に東京の民間企業を退職し家族と合流。

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -