汚染水4トンが勢いよく溢れる…ホース接続ミスという、ずさん作業で(10/1 読売新聞)

小型タンクからあふれる水(1日、福島第一原発で。原子力規制庁提供)

 東京電力は1日、福島第一原子力発電所で放射性物質を含んでいるとみられる雨水を、誤って予定外の小型タンク(容量12トン)に移し、水があふれたと発表した。

 発見から約20分後に移送を停止したが、約4トンが地面に染み込んだとみられる。

 東電によると、雨水は、汚染水の貯蔵タンク群を囲むせきの内側にたまったもの。今後の大雨で外側へあふれ出す恐れがあるため、80トンを別の場所へ移して保管する予定だったが、作業員が近くの小型タンクにホースをつないでしまったという。

 9月中旬の台風による大雨の際、このタンク群の雨水からは、ストロンチウムなどの放射性物質が1リットルあたり160ベクレル(国の放出限度は同30ベクレル)検出されていた。原子力規制庁は、今回あふれた雨水の濃度をすぐに調べるよう、東電に指示した。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131001-OYT1T01055.htm
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文: