那須塩原市、放射能汚染の影響で観光客が減少、国の予算でアンケートを実施(9/28 毎日新聞)

 塩原、板室温泉の観光地を抱える那須塩原市は、首都圏在住者を対象に、観光客誘客戦略を策定するための基礎資料とするアンケート調査を実施すると発表した。東日本大震災や東京電力福島第1原発事故による放射性物質の影響で、同市を訪れる観光客が減少しており、抜本的な対策を講じるため、首都圏在住者のニーズを調べることにした。

 調査対象は男女計1000人。緊急雇用創出事業を活用して、864万円の予算をかけて県内の事業者に発注し、来年3月までに「市の観光イメージ」「放射性物質の影響」「求める観光施設」などについてアンケートする。

http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20130928ddlk09010149000c.html
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文: