放射性物質が霞ケ浦に流入し続け、汚染が拡大。放射能対策要望書を茨城県知事に提出(5/14 産経新聞)

 東京電力福島第1原発事故の影響で放射性物質が流域の河川から霞ケ浦に流入している問題で、市民団体「いのちの水・霞ケ浦を守る市民ネットワーク」は14日、橋本昌知事に霞ケ浦・北浦の放射能対策に関する要望書を1万7417人の署名とともに提出した。

 市民ネットワークは原発事故をきっかけに、NPO法人「アサザ基金」(飯島博代表)と「霞ケ浦の再生を考える会」(代表・助川弘之前土浦市長)などが中心となり設立。昨年7月から署名を開始した。

 要望書では、特に汚染度の高い河川での湖への放射性物質の流入阻止に向けた具体的対策▽森林や農地を多く有する河川で支流や水路のモニタリングと泥さらいなど除染作業▽今後の除染対策について研究機関などへ具体的な対策方法や技術開発の依頼-などを求めた。

 市民ネットワークは6月14日までに文書での回答を要請している。今回の署名提出は「第1弾」として、今後も署名活動を続けるとしている。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130515/ibr13051502110001-n1.htm
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

「東京は危険」、「東京は放射能汚染されている」と書いて信じてくれる人はどれだけいるだろうか。東京江戸川放射線のメインテーマは東京・首都圏の放射能汚染の実態。御用マスコミの裏に隠された汚染状況、独自調査による画像・動画も掲載。


 

管理者の紹介

 

楽天およびAmazonでお買い物する際には是非、下記のリンクからお願いいたします。脱被爆・放射線防護の活動資金に充てさせていただきます。

 

プロフィール

 

東京江戸川放射線

Author:東京江戸川放射線

 

最新記事

 


東京江戸川放射線
on Google+

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文: